平成22年7月17日開催 「教育現場での熱中症対策セミナー in 滋賀」レポート


2011年6月18日(土)ピアザ淡海 滋賀県立県民交流センターにて
「第2回 教育現場での熱中症対策セミナー in 滋賀」を開催いたしました。

お暑い中、 40名を超える教職員の皆さまにお集まりいただき、
今年も熱中症に関して見識を深めていただきました。

第2回目ということもあり、教育委員会だけではなく、
びわ湖放送様からの後援もいただき
ますます関心が高まってきているという事をひしひしと感じました。

このセミナーの内容を各学校にてお役に立てていただき、
一人でも多くの被害者を減らす
お手伝いができていれば、と心から思います

参加校一覧

幼稚園

  • 滋賀大教育学部付属幼稚園
  • 聖パウロ幼稚園
  • 秦荘幼稚園
  • 大津市立志賀幼稚園

全参加園数: 4園

小学校

  • 大津市立仰木の里東小学校
  • 近江八幡市立北里小学校
  • 湖南市立下田小学校
  • 希望ヶ丘小学校

全参加校数: 18校

中学校

  • 大津市立仰木中学校
  • 彦根市立鳥居本中学校
  • 竜王中学校
  • 長浜市立西浅井中学校

全参加校数: 15校

高校

  • 滋賀県立伊吹高等学校
  • 滋賀県立玉川高等学校
  • 志賀県立彦根西高校
  • 石山高等学校

全参加校数: 7校

大学・専門学校

  • 滋賀大学

全参加校数: 1校



セミナーの様子

講師をしていただいた寄本明先生

配布された資料


事前アンケート

「熱中症」という症状をご存じですか?

熱中症事故予防の対策(指導)は行っていますか?


今まで事故が起こったことがありますか?

運動時の水分補給に適しているナトリウム量(mg/100ml)をご存じですか?


予防方法について知っていること


事後アンケート

熱中症事故防止の指導を夏休みまでに行っていただけますか?

運動時の水分補給にはナトリウムが必要ですが、量を覚えていますか?


このセミナーは皆様の現場で活用できるものでしたか?




感想

大変よかったです、ありがとうございました。

スポーツドリンクの持参は管理職と相談していますが、生徒指導上難しそうです。


救急処置の物品は保健室のみに置いていますが、職員室や体育館にも置きたいと思います。

スポーツドリンクやお茶、お水の持参については、毎年保護者から問合せが来ます。


オリジナルドリンクや塩、レモン水を利用して対応したいと考えます。

指導にすぐに役立つ情報を頂き、ありがとうございました。子供達が置かれている環境(家庭環境)の差が激しく、スポーツ飲料にかかる代金の事が、どうしても気になってきます。購入できない家庭も多いため、塩分補給の方法を伝達しようと思います。


質問された方に同感です。ありがとうございました。本日はOFFでお聞きしたいこともあり、高齢者等のことも興味深く伺いました。

今夏も今後も事故のないよう、多方面で呼掛けられたらと感じました。


ありがとうございました。手元の資料の字が小さく読みづらかったです。平日開催していただくと、もっと多くの先生方が参加できるのではないかと思います。

熱中症が起こるメカニズムから説明して頂き、とてもよくわかりました。WBGT(予報)も、これからうまく利用していきたいと思います。


暑さがどんどんひどくなる状況で、いかに熱中症を起こさない予防がとてもたいせつだなぁと実感しました。

子供達にも予防の大切さを伝えていきこうと思います。


ありがとうございました。今日のセミナーに参加させていただき勉強になりました。これからの救急処置に活かしていきたいと思います。

知らなかったことがたくさんあり、大変勉強になりました。


熱中症について詳しく教えていただき、重要なポイント等学校での取組みに活かしていきたいと思います。

子供向けのパンフレットや掲示のポスターも大変助かります。ありがとうございました。


今日はどうもありがとうございました。具体的なお話をして頂き、即現場の職員に伝えられるかなぁと思っております。

これから子供達に指導するにあたり、私から提供できる情報が今日のセミナーでたくさん増えました。子供達自身にも、自分の体を守れるような指導をしていきたいと思います。ありがとうございました。


理解しているようで、できていない所が多くありました。現場に立つ者として、子のセミナーでの事を活用していきます。

私は幼稚園に勤めていますが、子どもが小さい分言葉での指導が難しく、日頃からこちらの観察がより求められます。今日のセミナーで、具体的な観察ポイントや対応策を教えていただき、大変勉強になりました。イオン飲料水については、保護者の負担など壁はありますが、検討事項として園に持ち帰ります。ありがとうございました、今後幼児の事例なども学ばせて頂けるとありがたいです。


熱中症の原因と予防がよく分かりました。ありがとうございました。

昨年、参加させていただけず、今年やっと来る事ができました。湘南ブロックの研究で、寄本先生のお話は一度聞かせて頂いていますが、忘れていた事もあり、良かったです。熱中症計を体育館などに設置しても、部活動が盛んな高校などでは、それだけで練習を休みにするのは難しいと言われます。たしかに大会前などに練習をやめさせるのは難しい事なので、その為にも顧問の先生にはより高い知識を持って頂きたいなと思います。


ありがとうございました。大変勉強になりました。(新しい情報がいくつかあって、良かったです)頑張って下さい。

スポーツ飲料がのみやすい。摂りすぎると食欲がなくなると保護者から連絡はありますが・・・。


大変分かりやすく良かったです。学校現場で活かしていきたいです。

大変分かりやすく有意義なセミナーですので、平日(月~金)の開催で開始・終了時刻をもう少し早くしてもらえれば、もっとたくさんの先生方が参加し、学ぶ機会が増えると思います。


昨年の夏、熱中症対策で本当に学校がバタバタとしました。本日、具体的に細かくお話いただき、たくさんの資料をいただくことができたので、嬉しく思っています。今日の研修会の内容は本当によいものだったので、学校へ持ち帰り、生徒指導に活かしていきます。

大変良かった、詳しく現場の様子がわかった、ありがとうございました。


スポーツドリンクでポカリよりアクエリアスの方が安価ですが、子供達はポカリを好みます。市の予算ではポカリは買えないので、特別徴収金より学校で購入してもらいます。学校で購入する時、ポカリスを安くしてもらえないものでしょうか。

運動時に飲むものは、やはり水、お茶が多くありました。スポーツ飲料は許可していますが、お金もかかります。しかし、これからの時期は今日教えて頂いた事を参考に、指導者、又は生徒に指導していきたいと思っています。


6月の上旬、サッカーの大会時に簡易熱中症予防の測定器で測ってみました。10時過ぎには「警戒」のレベルに達し、11時前には「厳重警戒」のレベルでした。WBGT31以上は原則運動禁止といいますが、体育、部活はどう考えたらよいのでしょうか?また、近年の猛暑では、登下校すら厳しいのではないでしょうか?

分かり易く、科学的に説明して頂き、大変参考になりました。ありがとうございました。


活用しやすい資料を提供頂き、ありがとうございました。生徒保健委員会を中心に啓蒙活動をしていきたいと思っています。

子供の命を預かる教育指導者にとって、無知である事は罪であると考えます。熱中症というここ10年間増加してきている危険な症状に対して、科学的な見解をもとにしたセミナーを開催して頂き大変感謝しています。しかし、参加者の顔ぶれを見てみますと、保育園、幼稚園の教員と小中学校の養護教諭が多いように感じました。資料にもありましたように実際によく死亡者が出ている中高校の課外活動や体育の指導者の参加が少ない事が気になりました。未だにWBGT28℃以上の環境下でも平気でクラブ活動を継続している(何の対策もしない)光景をよく目にします。健康の科学が教育上もっと重要視されるよう私も働きかけていきたいと考えます。


伝えて防ごう熱中症被害!
教育現場での熱中症対策セミナーin滋賀